受験時期は自身の場合スマートドラッグをのんでいました 

犬のカット1級に合格するまでのコースがあります。

JKCの犬のカットじゃないんですが、ペット我が国技術検定協会の通信教育の犬のカットだ。

通信教育の犬のカットは2級、1級、教師というランキングがあり、自身は、今1級なので実寸見本犬の削除目的ぬいぐるみのトライで70企業以上取らないといけませんでした。

犬のカット2級もかなりスタミナをつかったのを覚えています。

2級受験時期は自身の場合は2ウィークあって、実に毛むくじゃらの見本犬のぬいぐるみを固まった毛をスリッカーブラシで1雑誌1雑誌ひも解いてさら再びして、ラムクリップという削除に済ませないといけませんでした。

2ウィークで短間で通過できたのは、実技では勇気だけだというしかないです。

見本犬のぬいぐるみを刈るときは右の薬指にまめが出来たり、体力的に合致きつかったのを覚えてます。

学科もとっくり添削してむずかしい弱みも多かったんじゃないかと思います。

学科は5科目でしたが、皆一括払い通過だったのでよかったです。

2級になり、次は、3階級後に1級を通してみました。
掟上記、前の学徒は、3通年しないと1級を受けられませんでした。

3階級して1級をうけるチャンスができました。
今度の削除はテディベア削除というコンチネンタルクリップとさらにのクリップという3諸々の削除我が家1つのカットで70企業を超えれば通過という内容でした。

最初は不合格でした。

そこでスマートドラッグと出会いました。

スリッカーブラシで全体を自身がブラッシングした耳の毛のようにブラッシングしないと被毛がさら二度となってないですって会話がきて、グングン毛の長さをそろえてほしいとか、VTRを更にマズル「面構え」のスポットを見てください。とも会話があって、強要あきらめずに出してください。

という言明もあったんであきらめずに言明通り、カットしました。

2回目線は通過でした。

ぎりぎりで73企業でした。店舗経営は行える特権規準らしきし、合格した時はうれしかったです。

通信教育もしっかり、学校や人前学校ができてうれしかったです。

スタミナがいるのは犬のカットの本業だ。

犬のカットには残念ながら本業の身体が低い結果なれませんでしたが、最近は、端末の本業で頑張ってます。

端末は犬のカットという起因はないですが、現役のスタミナは、犬のカットのトライの実技の時そうとうつらかったのでやしなわれていると思います。

これからも頑張りたいだ。

コメントを残す