ダイエットのストレッチング

6 (1)

自宅で簡単に出来る、美しくなるための方策をご紹介します。

運動しているという注目もなく、動作になっているという、椅子に座りながらとれる方策だ。

普通に腰掛けるのではなく、椅子を後ろ前として座ります。

取り扱う椅子の規則があります。

後ろ前に座っても、背もたれを両足で挟めるに関して。

つまり、背もたれがきちんとしすぎて(大きすぎて)両足で挟めない領域のものでは駄目。

次に、その背もたれの高さが、後ろ前に座ったシーン、バストの高さぐらいまでのものである先。

後ろ前に座ったシーン、背もたれが高すぎて、顔が隠れて仕舞う感じは駄目。

お子さんを後ろ前として座り、背もたれを歩きで挟み込む、という思考を取るのが原理だ。

本当は、これだけでも身体に効く、ストレッチングになっているのです。

背もたれがある椅子に普通に座った件、押しなべて、背もたれに背中をつけてしまうよね。

背もたれに寄りかかるといった、背中が丸くなって、腰痛の原因になります。

また土手腹が弛むため、土手腹にお肉がつき易くなります。

ただし、椅子を後ろ前として背もたれを挟んで陣取るって、自然に腰が前に出ます。

ぐーっと、背筋が生じるのです。

そうして土手腹にも思いの丈が入ります。

もっと背もたれを歩きで差し込むため、引き締めるのがしんどい腿のインナーをバッサリさせることが出来るのです。

椅子を後ろ前として背もたれを挟んで陣取るだけで、腰痛も警備でき、土手腹のお肉といった、内腿のお肉をスッキリさせて、引き締めることができるのです!

土手腹に力が入るせいか、腸の概況もよくなります。

背もたれはバストくらいの高さまでのものにする先、というのは、その思考のまま、テレビジョンを観たり、食べ物を食べたりするためだ。

顔が出ないぐらい背もたれが良いといった、他のことが何もできませんから。

このように座っているだけでも美しい身体をつくるのですが、その思考のまま、両足を持ち上げたり、ぐっ、ぐっ、って背もたれを数回激しく挟み込むというようなことをすると、別途済む動作になります。

自宅で椅子に座っている歳月において、簡単にでき、影響もあるので、おすすめです。

http://www.ez-llc.com

コメントを残す