手を握り合ってから唇を・・・

20

ボクが20年齢のうち、目標の男性は同級生でした。

大学生だったボクが主人と近しくなった鍵はよく分からないのですが、気がつくといつしか主人が隣席にいました。
そうして、たえず私の身近で配慮を焼くようになっていきました。

ある日セミナーの実習で気分が悪くなったボクを見て保健室へ連れて行ってくれた個人も主人でした。

そうしたらは、きずなができた主人を下宿先に頻繁に叫ぶようになりました。
サパーを一気に作ったり、セミナーの仕事をこなしたりという毎日をおくり、健全な関係のとおり卒業するかと思っていました。

ある日の振る舞い、サパーを終えた後主人がルームの電気を消してきたのです。
匂いを作ろうとしていることは隣席で居ても極める代物でした。

も、いっぺんに主人が激変したかのように私のあとへといった被さってきたんです。普通は、
両方がおんなじ感情になり手を握り合ってから唇をかぶるという境遇が多いと思います。

そんな順序を飛ばしてぶらりと襲われたボクは、体内を着ている衣料の上から舐められてしまいました。
恐らく気の置けないつながりになったため礼節を忘れてしまった主人は狼に変身してしまったのだと思います。

衣料の上から胸元へ愛撫を通して、首から口へって変わりました。唇にきて激しさがなくなり、鳥のついばみというキスをされました。

この時私の初体験となりましたが、ダディーにとりましてキスはそれ以上の所作よりも願望のプライオリティーが小さい所作だと知りました。

只、その夜には狼の主人に食べられてしまいました。

アナルならこれ!

 

コメントを残す